グルメ情報

【ケンミンショーで紹介!】自由軒の名物カレーの楽しみ方とは?

こんにちは。カレー大好きブロガーのベルマニです。

現在、大阪で吹き荒れる空前のカレー旋風。市内のあちこちでは毎月のように新店が誕生しています。

スパイスカレーやスリランカカレーといった個性の光るカレーが近年の流行ですが、今回はそんな流行のカレーとは一線を画する、昔ながらのカレー店をご紹介します。

その名も自由軒。実際にお店へ足を運んだ様子をレポートします。

ケンミンショーでも紹介されました

2018年9月13日オンエアの秘密のケンミンSHOWで自由軒が紹介されました。

ハウス食品やボンカレー、日本で初めてカレー粉を製造したハチ食品など、カレーにゆかりのある企業の多くが大阪で生まれているそう。そんな大阪において明治時代に創業し、現在に至るまで愛され続けているカレー。それが自由軒の名物カレーなのです。

この一度見たら忘れられないビジュアル。自由軒ならではのインパクトですよね。

明治時代から受け継がれる味。自由軒。

カレーに卵を乗せるのは自由軒が発祥?

カレーに乗った生卵といえば自由軒のおなじみのスタイルです。最初にカレーに卵を載せたのも自由軒で、そこから大阪中に広まったそうですよ。

自由軒は大阪にしか無いの?せんば自由軒との違いは?

明治43年に創業した自由軒ですが、店舗は難波本店と天保山店の2店舗のみです。

手広く展開しているせんば自由軒と混同されがちですが、せんば自由軒は別のお店です。自由軒の2台目店主の五男が独立して創業したのがせんば自由軒。”自由軒”が本家で、”せんば自由軒”は分家というような関係性ともいえるでしょうか。

店名のみならずカレーのビジュアルまでそっくりなので、誤解するのも無理ないですよね。

自由軒の天保山店に行ってみました!

天保山店は下町情緒がおもしろい!

自由軒の天保山支店は天保山マーケットプレイス2階のなにわ食いしん坊横丁にあります。海遊館とも近いので、海遊館に遊びに行くついでに寄ってみてもいいですね♪

食いしん坊横丁では、昭和の街並みが再現されていてノスタルジックな雰囲気。映画「三丁目の夕日」を思い出します。駅の高架下をイメージしているのでしょうか、横丁内にはときおり列車の走行音がBGMとして響いています。

横丁内にひしめき合う飲食店のひとつが自由軒です。

訪問したのは日曜日なのもあり、店の前は行列。20名ほどならんでいましたが、回転が良いせいか20分弱で店内に入れました。

ディスプレイとして横丁内に貼られているポスターに混じって逃走中の樋田淳也容疑者の手配書が。あまりに馴染んでいて当初本物とは気付きませんでした(汗)

初めて自由軒に行くなら”名物カレー”を注文しよう

自由軒には、いわゆる「ふつうのカレーライス」もメニューに存在します。

他にはオムライスやハヤシライス、エビフライといった洋食メニューもずらり。

しかし!初めて訪問するならやはり看板商品の「名物カレー」(780円)がおすすめです。

カレーだけでは物足りないという方は、トッピングも注文可能です。トンカツやハンバーグ、クリームコロッケなど種類も豊富ですよ。

自由軒の名物カレー。味の三段活用を楽しもう。

筆者は名物カレーにイカリングをトッピングしました。

名物カレー780円にイカリング250円で合計1030円也!

【名物カレーのおすすめの食べ方】

  1. まずは卵を混ぜずにカレーのスパイシーさを楽しむ
  2. 卵を混ぜて、マイルドな味の変化を楽しんで!
  3. テーブルに備え付けのソースをかけて複雑な味わいを堪能

最初のひと口目は、ぜひ卵を混ぜずに土手のカレー部分だけを食べてみてほしいです。

マイルドそうな見た目に反して、結構辛くて驚きますよ。卵を混ぜて食べるのが前提にあるせいか、あえて辛めにしているんでしょうね。

スパイシーさはあるものの、カレー自体は良い意味で単調な味わいです。卵を混ぜ込んで、次はソースをかけて…というように、アクセントを加えることで味がどんどん変化していくので食べ進めるのがなんとも楽しい!トッピングのイカリングも揚げたてのアツアツで美味しかったです。

大阪に来たら話のネタにも必ず一度は食べてみてほしい料理です。

店先では名物カレーのレトルトを販売していました。ネットでも買えるので、遠方にお住まいの方にはおすすめですよ!

自由軒・天保山店は子供連れでも安心!

自由軒の天保山店では、お子様用のカレーライスもメニューにあります。

子供連れで来店しても安心ですね♪大人が注文したものを取り分けて食べるのも可能です。

筆者が訪問した際は、何も言わなくても取り分け用の食器を店員さんが持ってきてくれて、親切だなぁと感じました。子供用のイスもありましたよ。

お店情報

自由軒天保山店

所在地:〒552-0022 大阪市港区海岸通1 天保山マーケットプレース2F

「なにわ食いしんぼ横丁」内

電話: 06-6576-5821

開店時間 10時から20時まで

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です