子育て

1歳誕生日は一升パンでお祝い!一升餅に並ぶ新定番

子どもが1歳の誕生日には、一升餅でお祝いするのが昔からの習わしですよね。

ですが、最近は一升餅の代わりに一升パンでお祝いするご家庭も多いんですよ。

当ブログ記事では、ファーストバースデーに一升パンが人気の理由や、
おすすめの一升パンをご紹介していきます。ぜひご参考にしてくださいね。

一升餅の由来

赤ちゃんがはじめて迎える1歳のお誕生日。
赤ちゃんに一升餅を背負わせたり踏ませたりする伝統行事があります。

一升餅とは、一升分(約1.8kg)のお米を使って作ったお餅のこと。

「一升」と「一生」をかけて、
「一生食べ物に困らないように」との願いが込められています。

近年一升パンが人気の理由

そんななんともおめでたい由来を持つ一升餅ですが、
最近では一升餅の代わりに一升パンを使ってお祝いするご家庭も多いようです。

一升パンとは、約一升分のパン生地を焼き上げた大きな丸いパンのこと。

一升餅には、赤ちゃんの名前や「寿」といった文字を表面に書いてもらうことができますよね。一升パンも同様に、「赤ちゃんの名前」や「祝」「1st Anniversary」といった文字や絵柄を入れてもらうことができます。

デザインはお店によってさまざま


近年では、一升餅よりもあえて一升パンを選ぶパパママが増えてきています。
その背景には以下のような理由があります。

パンは餅より消費しやすい

お正月のお餅を余らせてしまうご家庭が多いように、
一升餅もその後の食べ方について困ってしまうことが多いです。

たしかに約2キロ分のお餅を消費するなんて、考えただけで気が遠くなりそうですよね。

なかには、切り分けて冷凍庫に入れたままお蔵入りとなってしまうパターンも…

その点、日常的に食べる機会の多いパンであれば、残す心配がありません。

赤ちゃんが一升パンを背負う行事を終えたあとは、「切り分けた一升パンでチーズフォンデュを楽しむ!」というご家庭もあるようですよ。

子どもも一緒に食べられる

お餅はまだ食べられない赤ちゃんでも、一升パンなら一緒に食べることができるというメリットがあります。

赤ちゃんにあげる際には、

  • 軽くトーストして食べさせてあげる
  • パン粥にする

などの方法があります。

「赤ちゃん本人も食べられる」のが一升パンを選んだ決め手だったという方も多いですよ。

一升パンはどこで買う?オススメパン屋さんを紹介

最近で街のパン屋さんでも、事前にオーダーすれば一升パンを作ってくれるお店も少なくありません。

ただ、地元のパン屋さんで一升パンを作ってくれるところが見当たらない場合は、ネットで注文するのがおすすめです。
以下におすすめの一升パンのお店をご紹介します。

ポンパドウル

約2キロのフランスパン生地を焼き上げた一升パンの通信販売です。

パンの表面に赤ちゃんの名前を入れられるほか、キリンやケーキ、その他季節のデザインを入れてもらうことができます。

▼ポンパドウルのサイトはこちら

ハムンダーベーカリー

楽天で購入できる一升パンです。
無農薬の全粒粉を使用していて、赤ちゃんにも安心して食べさせてあげられます。

こちらのお店も赤ちゃんのお名前(5文字まで)入れられます。
卵や乳製品不使用と、アレルギーの赤ちゃんにも配慮されています。

▼ハムンダーベーカリーさんの購入はこちら

ところで一升餅や一升パンを背負う際には、家にある風呂敷などを使う方も多いですね。
楽天では、こんな一升餅(パン)専用のリュックも販売されているので要チェックです。


いかがでしたか?

このブログ記事では、近年一升パンの人気が高まっている理由と、おすすめの一升パンについてご紹介しました。

一升餅・一升パンのどちらにしろ、ふにゃふにゃの赤ちゃんだった我が子がはじめての誕生日を迎えるまでに成長したことを祝う気持ちには変わりありませんよね。
どちらも素敵な選択だと思います。

一升餅や一升パンが届いたら、1歳のお誕生日当日は是非一升餅(パン)を抱えて家族みんなで写真撮影してくださいね!

きっとお子さんにとっても一生の記念になりますよ!

この記事を読んでくださったあなたとお子様にとって、すてきなファーストバースデーになりますように。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です