子育て

【口コミ】くもんの知育玩具”くるくるチャイム”の使用レビュー

くもん出版の知育玩具、くるくるチャイム。穴にボールを入れると、ボールが内部のらせんをくるくると転がり落ちるおもちゃです。

我が家では1歳のお誕生日プレゼントとして娘に贈りました。

当記事の内容
  • くるくるチャイムの商品説明
  • くるくるチャイムで遊んだ感想
  • 類似商品との違いについて

くるくるチャイムで遊んでみたよ。感想をレビュー!

遊べるめやすは10ヶ月から!

1歳のお誕生日プレゼントって何がいいのかな?

プレゼントにぴったりのおもちゃを探しているときに目に止まったのがくるくるチャイムでした。ネットの口コミでも絶賛している方が多いのがとても印象的でした。

くるくるチャイムの対象年齢は0歳10ヶ月から4歳まで。長く遊べそうだし、なんだか知育に良さそうと思い、購入することに決めました。

赤・青・黄色をベースとした原色バリバリのデザイン。小さい子どもは原色好きですもんね!鳥のくちばしとおめめがついています。なんだかチョコボールのキョロちゃんみたいで、遊んでいるうちにだんだんと愛着が湧いてきます。

本体の下部にはベルが内蔵されていて、転がり落ちてきたボールにあたると「チリーン」ときれいな音がなります。

くるくるチャイムのボール。誤飲の心配はないの?

くるくるチャイムのボールは赤・青・黄・緑・白の5つ。1歳になったばかりの赤ちゃんの手にもよく馴染むサイズです。

一般的に直径39mm以下のものは赤ちゃんの誤飲の心配があると言われています。くるくるチャイムのボールの直径は45mmほど誤飲の心配はほぼないと言っていいと思います。

実際、我が子もよくボールを口元に持っていって舐めたりしていますが、とても口の中に入れられるような大きさではないです。

気になる赤ちゃんの反応は?

初めて子どもに遊ばせたときは、子どもの目の前でボールを入れるところを見せて、「こうやって遊ぶんだよ〜」と実演してみました。すると、すぐに遊び方を心得たようで、せっせと自分でボールを掴んで穴に入れるようになりました。

穴にボールを入れるだけのシンプルなおもちゃなので、正直言うと

本当に遊んでくれるのかな?すぐ飽きてしまうのでは?

と心配もしていたのですが、思った以上に中毒性のあるおもちゃらしく、夢中で遊んでくれています。くもんのおもちゃ、恐るべし!!

事前に調べていた口コミの中には、

なかなか遊ぼうとしてくれなくて、初めてボールを入れるようになるまで数日かかった

という方もいるので、子どもがすぐに遊ぼうとしなくても「うちの子には合わない」と決めつけず、辛抱強く見守ってあげましょう。

知育に効果あり!

くるくるチャイムでの遊びを通して、様々な能力が培われて(つちかわれて)いるように感じられます。

手先をよく使うので脳の発達に良さそう

「指は第二の脳である」と言われるように、手先の運動は脳の発達に密接に関わっていると言われています。

くるくるチャイムでの遊びのなかでは、ボールを握ったり投げたり落としたりと、様々な形で手先を使います。遊びの中で自然と脳が育まれていきます。

ボールを穴に入れるのにも力加減が重要です。遊び始めて間もない頃は力任せにボールを穴に叩きつけて失敗したりしていましたが、慣れてくるうちにそーっとボールを入れるなど力加減を調整して遊んでいます。赤ちゃんなりに頭を使いながら遊んでいることが伝わってきます。

ことばの発達にも効果あり!

くるくるチャイムがうちに来てから、子どもとのやりとりのバリエーションも増えました。

「赤いボール、上手に入れたね!」

「次は何色のボールにする?」

「すごいすごい!次はボールを2つ入れてみようか」

といったように、遊びを通して自然と多様なボキャブラリーを使ったやりとりをするようになりました。

これからの言語の発達にも期待してます。

ボールは本体内部に収納可能

くるくるチャイムのボールはなくしてしまう心配はないのかな?

くるくるチャイムの本体の裏には、ボール収納スイッチがついています。スイッチを切り替えることによって、本体内部にボールを収納することが可能です。

ボールが収納できるので、使っていない間にボールが行方不明になる心配もないね!

くるくるチャイムの類似商品との比較

くるくるチャイムに似ているおもちゃとして、アンパンマンの”くるコロタワー”というものがあります。上の穴からボールを落とすと、ボールがらせんをコロコロ転がるという仕組みがくるくるチャイムと共通しています。

アンパンマン にぎって! おとして! くるコロタワー

実際のユーザーの口コミから、くるくるチャイムと比較したくるコロタワーの良い点・良くない点をまとめてみました。

良い点

  • アンパンマン大好きな子どもに大ウケした!
  • ボールを入れるとメロディが鳴る
  • アンパンマンがおしゃべりしてくれる!

アンパンマンが大好きな子どもたちからは絶大な支持を得ているようですね^^

良くない点

  • アンパンマンの蓋がはずれやすく、子どもが本体を分解してしまう
  • ボールが本体の中で詰まることがあり、子どもが不機嫌になる
  • 電池のON/OFFや音量調整ができない
  • 電池交換がめんどう

アンパンマンの蓋がすぐにはずれてしまうという口コミが多かったです。はずれた蓋を元通りにするのにもコツが要るようで、毎回もとに戻すのがストレスだという方もいました。

くるコロタワーは蓋がはめ込み式になっているので、どうしてもはずれてしまいやすいようですね。

一方、くるくるチャイムも、異物が入ったときに備えて本体が外れるようになっています。くるくるチャイムの場合は本体をガコッとひねることによって外す仕様になっています。そのため通常の遊び方をしていて意図せず外れてしまうようなことはほぼ起こりえません。

アンパンマンのくるコロタワーは蓋が外れやすいみたい。いちいち元に戻す手間が気になるなら、くもんのくるくるチャイムのほうが良いかも

0歳から4歳まで長く遊べるおもちゃ、くるくるチャイム。お子さんへの贈り物にいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です