日々の暮らし

【体験談】メンヘラな友人がしんどい。縁を切るべき5つの理由。

メンヘラな友人に振り回されると、ひどく精神が消耗しますよね。

会うたびに一方的に愚痴ばっかり聞かされて、こっちはもう疲労困憊。

「もう友達でいるのしんどいな」と心の片隅では思うけれど、
なんとなく情が湧いてしまい関係を断ち切れないという方も多いようです。

ですが、メンヘラなお友達とズルズルと関係を続けることは
あなたにとって決して得策ではありません。

この記事では、メンヘラな友人とはスッパリ縁を切るべき理由について言及したいと思います。

メンヘラと縁を切るべき5つの理由

愚痴や不幸自慢ばかりで疲れる

メンヘラをこじらせている人って、とにかく愚痴や不幸自慢が多いですよね。

「お茶でもしない?^^」と誘われたので行ってみると、
結局延々と愚痴を聞かされるばかりでどっと疲れたという体験談も。

親の愚痴、仕事の愚痴、恋愛の愚痴…。
たまに聞いてあげるぐらいならともかく、毎回会うたびに愚痴ばかりを連発されると、さすがにうんざりしてしまいます。

時間の無駄

率直に言って、メンヘラとの付き合いは時間のムダです。

彼女たちの中には、「病んでる可哀想な私」と自己陶酔モードに入ってしまっている人間も少なくないからです。自分に酔っているうちは、いくら私たちが「力になってあげたい」と話を聞いてあげたり、助言をしたとしても、その大半は徒労に終わってしまいます。

私たちが持っているもののなかで、最も貴重なものは時間です。
限られた大切な時間。他人の自己陶酔に振り回されるのはもうやめませんか?

類は友を呼ぶ

「類は友を呼ぶ」という格言があるように、
人は似たような属性を持つものどうしが集まる傾向にあります。

「毎日充実していて楽しい!」という人たちと、
「私は不幸で毎日毎日つらくって…」と愚痴ばかりこぼしている人たち。

あなたはどちらと付き合いたいですか?

不幸は伝染する

不幸やネガティブな事象は、不思議と伝染します。

あなたは言霊(ことだま)ということばを聞いたことがありますか?
自分の発したことばは現実化して自分に返ってくるという考え方です。

メンヘラの人たちは「自分がいかに不幸で恵まれないか」をアピールするのが大の得意です。そうした愚痴や不幸自慢が、さらなる不幸を招いているのかもしれませんね。

そんな愚痴にさらされているあなたにとっても決して良い影響は無いでしょう。
不幸のスパイラルに巻き込まれないうちに、早々に撤退しましょう。

友達だと思っているのはあなただけかも

「嫌な思いをさせられることも多いけど、さすがに縁を切るのはちょっと」

そのように感じているあなたはとても優しくて素敵な人だと思います。

ですが、そのお友達はあなたのことを本当に友達だと思っていますか?
都合の良い愚痴のはけ口として、あなたに依存しているだけではありませんか?

残念ながら人間関係には賞味期限があります。

たとえ長年のつきあいのお友達なのだとしても、「つきあっていてしんどい」「楽しくない」と感じていたり、会ったあともイライラをひきずるような関係なのであれば、もうその子との関係は賞味期限切れなのかもしれません。

 まとめ

この記事では、メンヘラと縁を切るべき理由について述べました。
メンヘラと友人関係を維持するのは並大抵の忍耐力では持ちませんよね。

筆者も、15年来の付き合いのあった女友達との関係を断ったことがあります。
その友達とはいい思い出もたくさんあったので、私自身すごく悩みました。

だけど、年々こじらせていく彼女の愚痴に疲弊したり、心を傷つけられることがだんだんと多くなりました。そして彼女のとある言動から「こちらが相手のことを思うほどには、相手は私のことを大切に思っていないんだな」ということを悟り、徐々にフェードアウトする結果になりました。

冷たい意見かもしれませんが、自分の人生をより充実したものにするためには、メンヘラとはなるべく関わりを持たないのが正解です。
困ったお友達に振り回されて、疲れてしまっているあなたの参考になれば幸いです。

「もう家事やりたくない!」ズボラ主婦が実践している家事時短術7選 2016年の総務省による「社会生活基本基本調査」によると、日本の女性の平均家事時間は1日に2時間24分だそうです。(一方、男性は...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です