子育て

レインフォレスト・ジャンパルー2を4ヶ月間使用した率直な感想

フィッシャープライスのジャンパルーを購入しようか迷っている親御さんに向けて、ジャンパルーを4か月間使用してみた感想をレビューします。

  • 赤ちゃんが喜んでくれるかわからない
  • すぐに飽きてしまわないか心配
  • 脳や股関節への悪影響はないのか気になる

こんな理由から、購入を検討してはいるけれどなんとなく二の足を踏んでいる方も多いようですね。

ジャンパルーにはいろいろと種類がありますが、筆者が購入したのはこちらのレインフォレスト・ジャンパルーⅡ

トラ・サル・ワニ・チョウチョなど動物たちのおもちゃがあしらわれた、人気のモデルです!

ジャンパルー使ってみてここが良かった!

ジャンパルーを買って4ヶ月、正直な感想は、「買ってよかったー!!」です。

赤ちゃんの喜びようがすごい!

はじめの数日間はジャンパルーに乗せてもポカンとしていてジャンプする気配のなかった娘。

ですが、段々と感覚をつかんだのか恐る恐るジャンプをし始めました。今ではもう大喜びで狂ったかのように激しくジャンプ!!

このフィーバーっぷりを見てると本当に買ってあげてよかったなー!と心底感じます

我が子の笑顔はプライスレス。遊ぶ子どもの写真を撮りすぎて、スマホの容量がパンパンになってしまいました。

たまにジャンパルーに乗るのを嫌がる赤ちゃんもいますので、購入前には赤ちゃん用品店の展示品で試乗してみるのがおすすめです。

ママにも時間が生まれる

赤ちゃんがジャンパルーに夢中になっている間は、ママにも少し時間の余裕が生まれます。

後追いがひどい時期なんて特に、ママがちょっとでも離れようものならすさまじい勢いで泣いて追いかけてきますよね。ほんとにトイレに行くのすらひと苦労なぐらい。

娘も生後9ヶ月頃が後追いのピークだったのですが、ジャンパルーに乗せている間はゴキゲンで遊んでくれていて助かりました。

20分程度はもつので、その隙に洗濯物を干したり家事を片付けるようにしています。

運動能力の発達にもひと役買っている!?

あくまで私見ですが、ジャンパルーで日々ジャンプしているおかげか、赤ちゃんの足腰の筋力も鍛えられているように感じています。

ずりばいやつかまり立ちを始める時期も平均より早く、スイスイと猛スピードで動き回るため、同月齢ママたちからはよく驚かれていました。

スヤスヤお昼寝してくれるように!

ジャンパルーの全身運動はかなり体力を消耗するらしく、よくお昼寝をしてくれるようになりました。

その分私も好きに使える時間が生まれるので「ヒャッホー!ジャンパルー様様~!!!」という気持ちです。

「あれ、なんだか静かだな?」と様子を見に行くと、ジャンパルーに乗ったままコテンと寝てしまっていることもよくありました

購入前に心配していたこと。実際はどうだった?

毎日使っていて飽きない!?

ジャンパルーは値段も高めなうえに場所も取るので、せっかく買ったのに赤ちゃんがすぐに飽きてしまったらどうしよう…と心配になりますよね。

でも、これは心配ご無用でした。

ジャンパルーには、赤ちゃんの興味を刺激するおもちゃがたくさん付いているので、次から次へと赤ちゃんの興味をかきたてます。

ジャンプに飽きたらライオンのおもちゃをいじり、お次はチョウチョの歯固めをしゃぶり、飽きたらまたジャンプして…という具合に興味のおもむくままに遊びにふけっています。五感をフル活用できるので、知育にも良さそうです。

我が家ではジャンパルーが家に来てからの4か月間、ほぼ毎日遊ばせていますが、飽きるどころか毎回大喜びしていますよ。

脳や股関節に悪影響はないの?

ジャンパルーに関する疑問あるあるなのが、「脳や股関節への悪影響はないのか?」ということです。

具体的には以下のようなもの。

  • 激しくジャンプして揺さぶられっこ症候群にならないの?
  • ぶらさがる姿勢のせいで股関節に悪影響はないの?

こちらに関しても心配は要りません。ジャンパルーは、世界で最も厳しいといわれる欧州玩具安全基準にのっとった製品であるため、安心して使用することができます。取扱説明書にもある、以下のルールを守って正しく使用するようにしてください。

  • 使用は、首が充分に座るようになってから
  • 体重12kg、身長81cmまで
  • 連続使用時間は20分まで
  • 赤ちゃんのつま先が床につくように高さ調整する。足の裏がべったりと完全に床についていたり、まったく床に届かず宙に浮くような姿勢はNG!

ちょっと使いづらいな…と感じる点

そんなこんなで日々愛用しているジャンパルーですが、「ここはちょっと不便だな…」と感じる点もいくつかあります。

赤ちゃんを乗せるのが結構大変

赤ちゃんをジャンパルーに乗せるときには、シートに空いた2つの穴に両足を通させるのですが、大人ひとりで乗せるのは結構大変。赤ちゃんがジタバタと暴れると、足をうまく穴にはめることができずなかなか苦戦します。

慣れるまでは大人二人がかりで乗せてあげるのがいいかもしれません。

ワニのおもちゃが動かしづらい

ジャンパルーにはたくさんの動物をかたどったおもちゃがついているのですが、その中にひとつだけどうにも赤ちゃんの反応がイマイチなものが。それがこれ、ワニさんミラーです。

ワニを左右に動かせるようになっていて、動かすと「ギリリリリ」と音もするので楽しいのですが、これがどうにも固い!

大人の手で動かすのも少し力を入れる必要があるくらい。ましてや非力な赤ちゃんの手で動かすのはかなり難しいのでは?

マンションやアパートだと騒音が気になる

床を蹴ってジャンプする関係上、マンションやアパートにお住まいの方は階下に音が響いてしまう可能性があります。ジャンパルーの下にマットを敷くなどの気配りが求められます。

また、ジャンプする際に揺れる本体からもガシャンガシャンと音がするので、壁が薄い物件にお住いの場合も防音対策をした方がベターでしょう。

おわりに

以上、実際にジャンパルーを4か月間使用してみての感想でした。

著者も購入前は悩みに悩んだのですが、我が子に関する買い物は「買わずに後悔するより、買って後悔する方がいい!」と思い購入に踏み切りました。結果は買って大正解。

今しか見ることのできない赤ちゃんのジャンピング姿を毎日楽しんでいます。

赤ちゃんのいるご家庭には是非おすすめのおもちゃです。

それではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です