賢い子を育てる知育

三つ編み練習用のおもちゃを100均材料で手作り!作り方を解説します

3歳の娘は絶賛「三つ編み」にハマっています。 

どうも大好きな「アナと雪の女王」に出てくるアナとエルサのキレイなみつあみに魅了されて「やってみたい!」の気持ちが刺激されたよう。

そこで三つ編み練習用のおもちゃを手作りしてみました。

簡単ですが、はじめての三つ編み練習にはぴったりです。

このブログ記事では、三つ編み練習用のおもちゃの作り方を紹介していきます。

100円ショップの材料だけでできるので是非試してみてくださいね

三つ編み練習用おもちゃの作り方

最終的にはこんなものが完成します。

材料は以下の3つ。全部100均の手芸コーナーで揃います。

  1. カラーひも 3色
  2. フェルト
  3. 綿
 ひもは3色使ってカラフルにすると、実際に練習するときにも教えやすいよ

工程1 フェルトを丸くカットする

フェルトを2枚重ねてペンで丸く下絵を描き、カットします。下絵はフリーハンドで大丈夫なのでサクッと!

 縫いあわせてからひっくり返して綿を詰めちゃうので、ガタガタになっても大丈夫! 

 

工程2 ひっかける用の紐をつける

壁などにひっかけて練習できるように、ひっかけ用の紐をつけていきます。
短くカットしたカラー紐を丸くループさせて、重ねたフェルトの円に縫いつけます。

開いて裏側から見るとこんな感じ。

工程3 みつあみ用の紐をつける

ひっかけ用の紐をつけた箇所とは正反対の位置に、三つ編み用の紐を縫いつけます。

工程4 円を縫い合わせる

ふたつのフェルト円の円周を縫い合わせていきます。

のちほど裏表をひっくり返して綿を詰めていくので、ひっくり返すことを想定しながらうまく縫っていきましょう。

 みつあみ用のひもの付け根部分から縫い始めると失敗しにくいよ!

 

工程5 綿を詰めて完成!

円周部分が9割ほど縫えたらひっくり返して、中に綿を詰めていきます。

残りの部分を縫い合わせて完成です!

紐をしっかり縫い合わせてあるので、強くひっぱっても取れる心配がありません。

完成してから気づいたんですけど、上の丸い部分は色といい形といいちょっとアンパンマンみたいですね笑 

 目や鼻をつけてあげればよかったよ!笑

 

 完成したおもちゃは壁に固定して、繰り返し遊べます

 

三つ編みの練習で手の巧緻性アップ

以上、子どもの三つ編み練習用のおもちゃの作り方について解説しました。

3~5歳頃になってくると、おしゃれに興味が出てきて「自分やママの髪を結びた~い!」と意欲が芽生えるお子さんがが増えてきます。その「やりたい!」の気持ちを知育に結び付けてみるのもいいですね。

改めて考えると、三つ編みってとても手の巧緻性が鍛えられる動作

 はじめはなかなか難しいですが、繰り返し練習することで手先が器用になっていきます

今回のような3本のカラー紐を使った三つ編みに慣れてきたら、紐を細い毛糸に変えて量を増やすことで難易度をアップさせていくのもおすすめです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

非認知能力を伸ばすおうちモンテッソーリ77のメニュー
佐藤ママ『東大に入るお金と時間の使い方』京大ママが読んでマネしたい点佐藤亮子さんの「東大理三に3男1女を合格させた母親が教える 東大に入るお金と時間の使い方」を読みました。 佐藤ママが語る教育に...
【七田式プリントA】3歳と取り組んでみた感想。「もじ・かず・ちえ」がまんべんなく伸びる!「幼児向けの知育教材」といえば、七田式プリントを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 知育に熱心なママの間で大人気な七田式プ...
「くもんのうた200えほん」の口コミ|3歳までに1万曲で賢い子が育つ突然ですが問題です。 有名な童謡の「浦島太郎」ですが、歌詞は何番まであるか知っていますか? 1番や2番までなら歌えても、...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です