MENU
賢い子を育てる知育

「七田式プリントA」の口コミ|2歳3歳からのプリント学習におすすめ

「幼児向けの知育教材」といえば、七田式プリントを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

知育に熱心なママの間で大人気な七田式プリントシリーズ。
今回はそんな七田式プリントのなかでも、一番低年齢向けの「七田式プリントA」を購入しました。

「七田式プリントってどうなの?内容は?」
と購入を検討されている方に向けて口コミをご紹介したいと思います。

2歳3歳からのプリント学習に七田式プリントA

七田式プリントってどんな教材?

「七田式プリント」とは「七田式教育」でおなじみのしちだ・教育研究所から発売されている幼児教材です。

知育ママにとってはもはや定番ともいえる、大人気教材。

七田式プリントにはAからDまでの4段階があって、

  • 七田式プリントA:2歳6か月~4歳
  • 七田式プリントB:3歳6か月~5歳
  • 七田式プリントC:4歳6か月~6歳
  • 七田式プリントD:5歳半~就学前

と、対象年齢が分かれています。

七田式の公式サイトや、アマゾン・楽天でも購入することができますよ。

私は楽天で買ったよ~。ポイントもついておトク♡

 

届いた七田式プリントはこんな大きな箱に入っていましたよ。ずっしり。

七田式プリントAでは「ちえ」「もじ」「かず」のプリント冊子がそれぞれ10冊付いています。計30冊の大ボリューム。

「ちえ」「もじ」「かず」を1日に各1枚ずつ計3枚をコツコツと続けることで、
約10ヶ月でコンプリートできるようになっています。

プリント教材のほかには、取り組み方の書いた手引きや、「よくできました」スタンプもついていましたよ。

七田式の400%学習

七田式のプリントでは同じような内容のプリントが4枚連続するのが特徴です。

1日1枚ずつ計4日間にわたって似たような内容を繰り返すことによって、
少しずつ着実に実力が積み上がっていきます。

これを七田式では400%学習と呼んでいます。

七田式プリントの使い方

3歳1か月の娘と一緒に七田式プリントAを始めてみました。
我が家ではどのように取り組んでいるのか、ご紹介します。

コピーして使うのがおすすめ

我が家ではプリントの原本には書き込まずに、コピーして使っています。
原本は大事に保管しておくことで、復習にも使えたり、下の子にも使い回せます。

七田式プリントはA4サイズなので、コピーするのにもちょうどいい大きさ!

プリンターは一台あるとほんと便利です。
我が家ではキャノンのピクサスを購入しました。
機械音痴でも使いやすいし、何より安いのがよかったです!

家事のスキマ時間にある程度まとまった量をあらかじめコピーしておいて、1日分ずつクリアファイルに分けて保管しています。

すぐに取り出せて便利だし、1日にこなすべき量が子どもにとっても一目瞭然!

1日3枚のペースは厳守!

七田式の手引きでもおすすめされていたとおり、「ちえ」「かず」「もじ」のプリントを各1枚ずつ、計3枚学習しています。

1日10分くらいであっという間に終わるので無理なくつづけられる

今は1冊目の序盤なので、丸をつけたり線をひいたりといったワークが中心。

毎日やることで運筆練習にもなるのでよかったなと思います。

3枚だけだと物足りなくて「もっとやりたーい!」と言い出すこともあります。
そんなときは市販のドリルを追加でやったりもしてます。

しまじろうのワーク「こうさく」2歳3歳のおうち遊びや知育におすすめ コロナウイルスの影響で外出自粛の毎日が続いていますね。 筆者の町でも支援センター、図書館などの普段よく遊びに行く施設はのきなみ...

終わったらシール貼りでワクワク感アップ

我が家ではその日のプリントが終わったら、カレンダーに好きなシールを1枚貼っていいというルールにしています。

カレンダーを利用することで日にちや曜日の概念も身について一石二鳥~しめしめ♡

七田式プリントには、プリントの達成表&シールもついているので、そちらを利用してもいいですね。

七田式プリントを始めて良かったこと

3歳1ヶ月から七田式プリントAを始めました!
まだ始めて10日ほどなのですが、七田式プリントを初めてよかったと感じたことを紹介します。

勉強の習慣が身につく

毎日決まった時間にコツコツとプリントに取り組むことで、机に向かう習慣が身につきます。

2歳3歳くらいの物心つかないうちに身に着けた学習習慣は、一生の宝物になります。

東大医学部4兄妹を育て上げた佐藤ママも著書で語っていましたが、「気がついたら鉛筆を握っていた」と言う状態はほんと理想的だと思います!

1日3枚だから負担が少ない

七田式プリントは「1日に3枚」と決まっているので、子供にとっても見守る親にとっても負担が少ないのがありがたいです。

無理なく続けられるって大事!生活の一部にしていこう!

理解できていない点を把握できる

「ちえ」「かず」「もじ」のプリントを通して、子どもの理解をチェックすることで、何が理解できていて何が理解できていないのかを把握することができます。

たとえば、うちの娘は「多い」の反対語を「薄い」と勘違いしていました。
プリントをやっている際に判明したことです。

理解不足な点を早い段階で見つけてあげることによって、日常生活での働きかけにも工夫ができる!

逆に、意外な単語を知っていることが判明して、「えっ?こんなことば知ってたの!?」と驚かされることもよくあります。

七田式プリントのおかげで、幼児期のうちに身に着けておきたいことを余すことなくカバーできます。

日常の働きかけの参考になる

予習…というほどでもないのですが、プリントの内容を親があらかじめ確認しておくことで、日々の働きかけの参考になります。

たとえば「ちえ」プリントの10冊目には、「したきりすずめ」や「かちかち山」などの昔話をモチーフにした問題がでます。

昔話に対する知識がないと解けない問題なので、今のうちに読み聞かせをして知識を植え付けておこうと思いました。

ちなみに日本の昔話は小学校受験でもよく出題されるそうです…!
うちは受験はしないよ」というご家庭も、知っておいて損はないものなので対策しておくのが吉ですね。


以上、「七田式プリントA」を実際に使った口コミをご紹介しました。

さすが七田式、インスタなどで知育ママの評判が良いのも納得でした!
購入前は「ちょっと高いかな?」と迷ったのですが、プリントの数も多く、問題のクオリティも高いのでコスパは相当良いです。

ひと月あたり1350円だしむしろ安いくらい!

1日3枚のプリントの積み重ねは、将来きっと大きな違いを生むはずです。
ぜひ一緒にお子さんの知育頑張りましょう。
最後までお読みいただきありがとうございました!

七田式のCD教材も気になってます。
子どものためと思うと次から次へと欲しくなってしまいます…汗

童謡の本「くもんのうた200えほん」の口コミ|3歳までに1万曲を目指す突然ですが問題です。 有名な童謡の「浦島太郎」ですが、歌詞は何番まであるか知っていますか? 1番や2番までなら歌えても、...
【楽天お買い物マラソン完走】家電から生活必需品まで購入品をぜんぶ紹介先日、楽天のお買い物マラソンで初めて10店舗買い回りを達成しました。 お買い物マラソンは買えば買うほどお得になるので、是非...
【おすすめ子育て本】佐藤ママ・内村ママの「子どもの才能を最大限伸ばす子育て」をレビュー体操金メダリスト・内村航平選手の母親である内村周子さん。 そして、三男一女のお子さんを全員東大理三に導いた佐藤亮子さん。 このお...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です